WEBにありがちな事!WEBを学ぶ上での基礎知識

WEB制作の内容と予定

景気に左右されないweb制作会社の仕事内容

WEB制作の内容と予定
インターネットが普及し、生活になくてはならないものになってずいぶん経ちます。今までは存在しなかった新しいチャネルながら、大きく成長して関連する仕事も増えました。ECサイトなど、インターネット上で商品を販売する通販サイトはもちろんのこと、実店舗の自店の紹介など、会社や店舗を経営・運営するにあたってWEBは重要なツールになっています。
それに伴い、web制作会社も多く設立されました。様々な業界で様々な企業がサイトを制作するにあたって、WEBには特別なスキルが必要との考えの顧客をしっかりつかみ、大きく成長したweb制作会社もたくさんあります。
web制作会社の受注は意外と景気に左右されません。WEBが重要なものになればなるほど、作業量も増えるので、どこかで専門家の手を借りたいと思う人が多いからです。例えば、潜在顧客に向けて新たな発信の場とする場合は、デザインにもこだわりを持つ場合が多く、それをしっかりと伝えるためにそのプロであるweb制作会社に依頼をしたいと思う場合もあります。また、サイトを作って終わりではなく、鮮度の高い情報に日々更新する必要があるため、デイリーの更新業務を依頼する場合もあります。デザインは自分たちでできるから、細かな作業などを依頼したいと思う人たちも数多く存在します。
重要と供給がある程度釣り合っているのが現状ですが、web制作会社が増えるにつれてデザインセンスを売りにするのか、問い合わせフォームなどのユーザビリティーを考慮したサイト作りを打ち出すのか、もしくはスピードや価格など、売りとなるポイントも違い、差別化が進んでいます。求められる仕事が多岐に渡るので、ここだけは負けないという強みをしっかりと発信していくことで、景気に左右されずに長く営業し続けることが可能になります。また、作業面だけでなく、その専門知識やノウハウをもとに、コンサルティングを行えることも、差別化の激しい今後のweb制作会社には必要になってきます。

ホームページ製作のスケジュール管理のコツ

ホームページ製作を依頼する場合、どういったスケジュールで納品までが進んでいくのかは把握しておくとよいでしょう。ホームページというのは作成依頼から打ち合わせ、そして見積もりを貰ってから実際に制作に入っていきます。
多くのホームページ製作会社で行われるホームページ製作におけるスケジュールのサンプルをご紹介致します。基本的には、まず最初の時点ではクライアントの希望されるホームページ製作をする為のヒアリングが行われます。
これは全体的なイメージを共有する事が目的ですから、細かな点まではまだ詰めていきません。
このヒアリングによって全体のサイトのページ数や構成の骨組み、そしてそれによってかかる納期までの時間なども大まかに見えてきます。
そして予算に基づいて、どういった制作のバリエーションで作っていくのかを決定していきます。
用意できる予算によっては華やかさやオプション的なおまけを付けることが可能だったりしますから、そういった所を打ち合わせで決めていきます。完成に近いサンプルを用意して、実際のイメージを掴めるサンプルで詳細の希望を聞いて言います。
この段階でサイト全体のイメージはほぼ共有できてきますから、特に問題がなければサイト制作に取り掛かっていきます。
この時点ではサイト完成までのスケジュールが細かく組まれていますから、納期が明確になっています。
その納期に向けて制作がスタートすることになります。あとは納品を持つだけで、納品がされましたらサイトの微調整や意見を聞いていきます。色合いの微調整やサイトの文面などの調整を行って完了です。

その後は、そのごんおメンテナンスや保守管理の打ち合わせをして長期的な双方のメリットを確認しておければよいでしょう。全体のスケジュールとしてはこんな流れの業者さんが多いでしょう。
また実際の進捗状況を確認するための、グーグルカレンダーなどのクラウドツールを利用してやり取りすると分かりやすいでしょう。
ある程度の規模になると複数のスタッフが関わって進めていきますからタスク管理が最終的な納期に影響しますから、最初のヒアリングはしっかりと行なっておくことがホームページ製作過程においては肝となります。”