WEBにありがちな事!WEBを学ぶ上での基礎知識

ソフトウェアを知る

HP制作に使われるソフトウェア

ソフトウェアを知る
HP制作では様々なツールが使われます。よく使われる物として、Webオーサリングツールや画像編集・イラストレーション作成・動画編集ソフトがあります。HP制作には業界でよく使われる標準ツールという物があり、多くのHP制作会社ではこれらのツールを導入して、チーム内でデータを共有し、作業効率を高めています。
業界で標準的に使われているツールは比較的高価な物ですが、高品質な画像・イラスト・ロゴを出力出来るため、最終的なWebサイトの仕上がりはとても美しくなります。特にイラストレーションソフトウェアはベクターグラフィックスを作成することができ、ベクタ形式は画像を数値で表して、その点を基にしてコンピューターが描画するため、走査線をベースに画像が描かれるラスタ形式に比べて、拡大時のジャギーやブロックノイズが発生しにくいという特性があるので、画像が非常に美しくなります。SVGと呼ばれるXMLで記述されたベクターグラフィックス形式にも出力ができ、HP制作で扱いやすくすることが出来ます。
HP制作でWebページのHTML・CSS・JavaScriptなどを書くためのツールとして、Webオーサリングツールのソースコード編集機能の他に、テキストエディタやIDEを使うことがあります。
テキストエディタはどのようなコンピューターでも搭載しており、ユーザーの好みに応じて選択することが可能です。
HTMLをグラフィカルに表示してくれるテキストエディタを利用すると、要素の構造が分かりやすく、修正が行い易いでしょう。
IDEは様々なプログラミング言語を使ってアプリケーションを構築するために使われるソフトウェアですが、プラグインをインストールすることでWebオーサリングツールにすることが可能です。
新たにWebオーサリングツールを用意する必要が無くなるので、プログラマーがWebサイトを構築する際によく利用されているソフトウェアです。”